2020 Dec 06 Sun

あの人気シャツ「ファームスシャツ」のふんわり感はこうして生まれたのです

マジカルファクトリーツアー 第4回 服や時計、靴などのアイテムがどうやって作られているのか調査するべく、編集部員が生産現場へレッツゴー!連載一覧はこちら

衿元、袖口はもちろん裏の仕上げまで、
抜かりなくキレイでした

今回は美しい瀬戸内海に臨む街・児島へ。

いわずと知れたデニムの名産地ですが、学生服の生産量も日本一と古くから繊維産業が栄えた、服の街だってご存じでした?

ララビギンドライグッズストアというオンラインショップを展開しているんですが、売り上げの上位によく入ってくるランキング常連アイテムがいくつかあって、セットのファームス シャツもそのひとつ。ギザコットンを使用した滑らかで上品な生地に、ふんわりしたシルエットが特徴です。

ヒットの裏には理由がある!?ということで、縫製の現場までお邪魔してきました。

こちらのシャツは岡山県・児島にある一軒の縫製工場で、裁断から縫製まで一貫生産されています。

\縫製工場は元・うどん店!/

元うどん屋だった建物を居抜きで使っていて、裁断場に厨房だった面影が。香川に程近い児島エリアもうどんが名物とのこと。お昼に食べたぶっかけが絶品でした!

「特別なことはなくって、とにかく丁寧に作っているんです」という言葉の通り、現場で縫製されていたシャツは、パーツごときっちりアイロンがけしてから縫いつけるなど、すべての工程が丁寧。

特に裏の生地の処理が抜かりなく美しいのに脱帽。着てしまうと見えない部分だけど、だからこそ真価が問われる。まさに裏に理由有りか!と感じたのでした。

Share

Pick up

よく読まれている記事

Daily Horoscope

MORE

  1. 1
2
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ