2020 Sep 29 Tue

レッド・ウィングのポストマンシューズは、ワーク&ミリタリースタイルとの親和性◎

Lala Begin ONLINE

どうやら革靴が必要だ 第6回 ボーイな女の着こなしには、革靴が欠かせない。雰囲気がぐっと引き締まるから、かもしれない。いいモノをきちんと知って選んでいる姿勢が見えるから、と言えるかもしれない。いずれにせよ、わたしたちには、どうやら革靴が必要だ。連載一覧はこちら

窮屈さを感じることなく履けて、ボーイなファッションにも好相性なボリューム感。スニーカーのように気軽に履けるから、初心者もトライしやすい“ぽてトウ”。チロリアンシューズに続き、鉄板のぽてトウで、革靴入門にもおいしいのがポストマンシューズです。

【ぽてトウ2】ポストマンシューズ

名前からも想像できますが、もとは全米の郵便配達員に支給された靴。アッパーには制服に合う品があり、雨に強い革を。また長く歩いても疲れにくい、丸みあるぽてトウなフォルム、ソフトなラバーソールを使っています。

レッド・ウィングのポストマン・オックスフォード
ヒステリックスのフードコート4万6000円(ヒステリックグラマー) マスター&コーのニット2万3800円、同ソックス2800円(以上マッハ55リミテッド) ヤエカのデニムパンツ1 万8000円(ヤエカ アパートメント ストア) ハイランド2000のニット帽5200円(バーニッシュ) レザーコンビニバッグ8000円(GMTファクトリー)

つまり多くの人が快適に履けるよう作られた靴ってこと。だから初めての革靴にもピッタリなんです。それにワークシューズですから、今どきのワーク、ミリタリースタイルと親和性◎。

ぽってり愛嬌があるけれど、足元の引き締め効果にも一役買ってくれますよ。

Share

Pick up

よく読まれている記事

Daily Horoscope

運勢ランキングへ

  1. 1
2
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ