2023 Feb 07 Tue

ウールとポリエステルはバチバチ! 知っておきたい、静電気がおきやすい服の組み合わせ

静電気はなぜ起きるの?

乾燥した冬に「バチッ」とくる静電気にお悩みの方も多いのでは。

服の静電気はなぜ起こるのかというと、生地にはプラスに帯電しやすい素材とマイナスに帯電しやすい素材があり、プラスとマイナスがこすれると静電気が発生します。

たとえばウールのニットとポリエステル裏地のアウターはバチバチ。

ナイロン裏地ならマイナス同士の組み合わせなので静電気はおきにくいんですって。

素材によって異なる帯電の性質を知っておけば、静電気を予防できそう。下の図をぜひ活用して、快適に冬をお過ごしください。

関連記事

クローゼット収納を変えたら、コーデが断然組みやすくなる!

収納の極意を人気のショップから、服のプロに学びました。

[LaLa Begin2018年2-3月号の記事を再構成]写真/竹内一将(STUH) 久保田彩子 伏見早織 武蔵俊介 文/間中美希子 礒村真介 児玉志穂 名知正登 スタイリング/新田アキ 佐々木 誠 ※掲載内容は発行時点の情報です。

Share

Pick up

よく読まれている記事

  1. 1
Lala Begin ONLINE
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ