2020 Dec 05 Sat

普段着なんて言わせない!コーデが一気にお洒落になる“映え”スウェット9選

スウェットの教科書 第5回 気負わず着ることができて、がしがし洗えるデイリーウェア。1枚も持っていない、なんて人はおそらくいないのでは。当たり前のようにそばにあるアイテムだけど、実は知らないことがたくさん。その魅力を改めて紐解きます。連載一覧はこちら

スウェットのグラフィックにこだわろう

シンプルなボディゆえ、どんなアイテムにも合わせやすいのがスウェットの魅力。

だからこそ、グラフィックやプリントの質感で差を出せばコーデの見え方が変わります。つまり、何枚持っていても、いいんです!

今回は、グラフィックやプリントにこだわって選んだスウェットをご紹介します。

1.SHIPS
シップスのビートルズスウェット

SHIPS シップスのビートルズスウェット
©2019Apple Corps Ltd.A Beatles™ Product

オーセンティックなクルーネックボディに、ファンの多いあのジャケ写を落とし込んだスウェット。刺繍は立体感のあるタフな仕上がりです。各1万円(シップス 新宿店)

2.WAREHOUSE
ウエアハウスのロット403 アーミーエアフォース

WAREHOUSE ウエアハウスのロット403 アーミーエアフォース

1940年代の生地、縫製、シルエットを忠実に再現。ARMY AIR FORCESのロゴは昔の米陸軍の呼称で、ボーイ感も満載です。裏起毛で着心地は柔らか。1万3000円(ウエアハウス東京店)

3.URBAN RESEARCH
アーバンリサーチの551蓬莱豚まんフードスウェット

URBAN RESEARCH アーバンリサーチの551蓬莱豚まんフードスウェット

フードは豚まんのふっくら感を再現。ひだを不均一にし、自然に見えるよう試行錯誤したのだとか。551と書かれた湯気はユーモアたっぷり。8000円(アーバンリサーチ 神南店)

Share

よく読まれている記事

関連特集・連載

Daily Horoscope

MORE

  1. 1
2
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ