2020 Jul 05 Sun

ノートからスマホケースまで。おしゃれな人が愛用する「文房具&雑貨」4選

Lala Begin ONLINE

こだわる人が実践している服と服以外のルール 第30回 おしゃれだなって気になる人たちに話を聞いたらこだわりが光るルールが色々とありました。そこで、着こなしの法則やモノを選ぶときに気にしていることなど、いろんな決めごとを集めてみました。

おしゃれな人って使っている小物もおしゃれだったりしますよね。

今回は、こだわる服好きに聞いたおすすめの文房具や雑貨をご紹介します。

文字を書くなら万年筆&ブルーインク

\ 滑らかな書き心地 /

ラミーのサファリ

ラミーのサファリ

樹脂製のボディは軽くて持ちやすいから、普段使いにぴったり。「インクの取り替えがしやすく、長く愛用。ブルーのインクが、便箋の白に映えてキレイ」(メヤメ デザイナー 染谷めぐみさん)各4000円(DKSHジャパン)

ブルーインクで一気に洒落る!

ノートの表紙の堅さを用途で使い分ける

\ シンプルな美しさ /

モレスキンのノート(ソフト&ハード)

モレスキンのノート(ソフト&ハード)

「手帳はソフト、ノートはハードを愛用。取材時に立って書くことも多いから、ノートは表紙が硬いほうが使いやすい」(ライター 丸山亜紀さん) ポケット(ハード)2000円、ラージ(ソフト)2900円(モレスキンジャパン)

本にはカバーをかける

\ 発色のよいガラスレザー /

イロセのシームレスブックカバー

イロセのシームレスブックカバー

何を読んでいるかは他人に秘めておきたいのが、乙女心。そこで必携なのがブックカバー。フラットなツヤのある一枚の牛革を縫製せずに折り込んで成形。右側の切り込みは、ブックマークになっています。各6500円(イロセ)

機種変してもケースは変えない

\ 幅広いサイズにフィット! /

TOFF&LOADSTONE

トフ&ロードストーンのデリス

機種変する度にケース迷子(泣)、なんて心配が無用に。プラケースに入れたスマホを貼り付けて使うタイプなので、幅広い機種が収納できます。高級感あるリザードの型押し革が大人にぴったり。各1万円(ティーアンドエル)

特集「こだわる人が実践している服と服以外のルール」

こだわる人が実践している服と服以外のルール34特集

おしゃれだなって気になる人たちに話を聞いたらこだわりが光るルールが色々とありました。そこで、着こなしの法則やモノを選ぶときに気にしていることなど、いろんな決めごとを集めてみました。

連載目次へ

※表示価格は税抜き
[LaLa Begin2019年8-9月号の記事を再構成]写真/上原朋也 武蔵俊介 久保田彩子 文/間中美希子 丸山亜紀 黒澤正人 灰岡美紗 渡辺 愛 スタイリング/新田アキ ヘアメイク/村上 綾 モデル/小野りりあん ※掲載内容は発行時点の情報です。

Share

よく読まれている記事

Daily Horoscope

運勢ランキングへ

  1. 1
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ